FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

キルギス時間

ちょっと違う道を進み始めた。 これから起こるすべての出来事に幸せを感じたい。 人生に足跡を。 人生に新たなページを。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

キルギスの観光(パワースポット:マンジュル・アタ) 

≪マンジュル・アタ≫

この地は“神聖な谷”と呼ばれていて、キルギスのパワースポットです。
子宝、出産、家族、また呼吸器系・消化器系・神経系などの健康を祈願する聖地として有名です。
数か所に点在する、それぞれ違った効能のある水場を巡り、その水を飲みながら、または幹部に当てながら祈りを捧げます。
特に子宝の水場では、キルギス各地から来た人々が熱心にお祈りをしている姿をよく見かけます。
連なった小高い丘は、迷路のようになっていて、丘の上に登れば、イシククル湖、そして延々と続く乾燥した大地を臨むことが出来ます。
現地の人々はイシククル湖で身を清めてから、この地を訪れます。または入口に設置されている“イシククル湖の水”で体を清めます。
中に入る前には、コーランを読んでもらうこともありあます。


マンジュル・アタ 入口
P1020876.jpg


水場の場所を印した立体地図
P1020877.jpg


説明書き(キルギス語・ロシア語・英語)
P1020879.jpg


P1070233.jpg


ユルタ
P1020881.jpg


水場
P1020887.jpg
水場には、各効能の書かれた青い看板と湯呑みが置かれています。


P1010818.jpg


P1010800_20120812201250.jpg


イシククル湖
P1020871.jpg



昨年は、数えきれないほどここに来ました。
日本人で一番来ているかも?!?と思うほど。
迷路のようになっている水場を探すのが楽しくて、ワクワクします。
(不謹慎ですみません)
また、他にはない独特の神聖な雰囲気と絶景!
キルギスで大好きなスポットの一つです。

※アタ:キルギス語で“父”を意味します。
※マンジュル・アタに入る際、女性はスカーフなどで頭(髪の毛)を覆い、素足が見える服装は避けるほうがよい(膝丈スカート、短ズボンなど不可)。


<マンジュル・アタへの行き方>
ボコンバエバ村から・・・
貸切タクシーで行く場合:目的地まで行ってくれます(約15分)。
マルシュルートカ(ミニバス)で行く場合: “カラコル行き”に乗車(約15分)、幹線道路で下車、そこから山側に歩いて10~15分ほどのところに位置します。

カラコル市から・・・
マルシュルートカ(ミニバス)で行く場合: “ボコンバエバ行き”に乗車(約2時間15分)、幹線道路で下車、そこから山側に歩いて10~15分ほどのところに位置します。

※マルシュルートカで行く場合、事前に運転手に目的地を伝えておくこと。



マンジュル・アタに来たなら、ここがおすすめ!!!(オプション)

“マンジュル・ユルタ”に泊まることです。

幹線道路から少し離れているので、とても静かです。
朝、目覚めてユルタから外に出ると、遠く湖を眺めることが出来ます。
最高の瞬間です。
朝日、夕日に照らされたマンジュルの独特の土地は、キルギスのどんな場所
にもない空間です。
絶対オススメ★


ユルタの手配は・・・
TOC ボコンバエバ-マンジュル
(場所:ボコンバエバ村の大きなモスクの横にオフィスがあります。)
担当:バクット(キルギス語・ロシア語)


P1080005.jpg


P1080011.jpg


P1080066.jpg


P1080075.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sachiko3232.blog76.fc2.com/tb.php/136-fb1c5e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。